爪に水虫って出来るの?

最初は、水虫は指と指の間に出来るものだと思っていて、爪水虫がある(正確には水虫が悪化して爪水虫になる)とは思いませんでした。ですが、それから数年してから自分も水虫に罹ってしまい、さらにそこから爪水虫に発展してしまいました。その時は、これが爪水虫かぁ・・・と、驚き、見栄えの悪さやどうしようない痒みに苛まれて、治療薬を何点も買って治療をし始めました。

指の間の水虫は結構、市販の水虫薬が効いており、見た目すぐに良くなっていっているような感じでした。ですが、爪水虫は爪の内部まで進行してしまっているからか、効きが悪く、本当に効いてるのかな?と思う程でした。その後、市販薬ではどうにも効きがでてなような気がして、専門医を受診。そこで専門の薬を処方して貰いました。結果、快方に向かっていきましたが、それもゆっくりで、爪水虫は治りにくいなと痛感しました。

病院に行った後、地域のコミュニティで来てた人と爪水虫の話題で会話がはずみました。なんで爪水虫の妊婦とか、水虫になったらこんなことが困ったとか、ほっておいたらこうなってしまったとか、水虫あるあるネタで盛り上がっていき、その中であの薬はいいとか、あの薬なダメとか、話題が薬のことになっていきました。その中で「クリアネイルショット」が効くという話を教えてもらいました。

聞くと、自分みたいに爪水虫で市販が効きにくくて病院に行ったって人はかなり多いみたいなんですが、この「クリアネイルショット」を使っていたら病院に行かずに綺麗に爪水虫を抑えて治療が出来たという話で、その時に、私はそんないい薬があったのか!と、思い、病院に行ってまで治療していたことを、ちょっと後悔してしまいました。次に爪水虫がぶり返した時は使ってみたいと思います。